花が散るまで

都内某所で風俗嬢してます。

こういう怒りのおさめ方もあったか(笑)


まあ、もともとは私が悪いんだけどね。

なんとケータイの充電器を忘れてきてしまった。


新幹線の中で気がついて、

あ、でも大きな駅近くには必ずドコモショップがあるから

現地調達したら良いと考えていました。


博多駅に隣接したバスターミナルビルの中のドコモショップで充電器を購入。


我が家の近くのドコモショップでは、

どんな時も、販売員さんは先ず


「機種の確認をさせていただいてよろしいですか?」


と、ケータイを手にとり

確認作業をするのに

私が手にしたケータイをチラリと見ただけ。


へ~、ちらっと見ただけでわかるんだ。

とは思った。


実家に帰り着いて、

寝る前に充電器の箱を開けてビックリ!


ガラケー用の充電器だったのだ。


私のケータイは、

ガラケーの二つ折りタイプだけれど、

スマホ機能の一部も入った

いわゆるガラホ。


見た目的にはガラケーだけど

充電器はスマホと同じ。


はっきり言って。

もの凄く怒りが沸いてきた!


ドコモショップで費やした時間。

そして、電池切れの使えないケータイ。

また明日、またドコモショップへ行き、充電器を替えてもらわないといけない

時間と手間。


暇な時ならいい。

だけど、本当に今回はスケジュールがタイトで

私もピリピリしていた。


怒りで眠れないぐらい。

私の時間を返せと言いたい。


だいたい、初歩の初歩のミスだ。

何故、客のケータイの機種確認ができなかったのだろうか?


難しい案件ではない。

たかだか充電器ひとつ満足に用意できないってどういう事?


え~

先日のブログでも書いたが

私は販売接客の仕事をしていた。

しかも自分でも自覚しているが

かなり厳しく仕込まれている分、

同じ職種の人に対して、優しくもある反面、かなり厳しい。


同業者って怖いわよ。

どうクレームつけられたら痛いか

全部わかってるもん。


どう言えば、一番相手にダメージを与えるか、

色々とシミュレーションできる。


細かく思い出すと、相当いい加減な接客をされていたんだと思い返し

益々怒りのボルテージがあがる。


そして翌日、

父と博多駅近くの家電量販店へ行った。

父が入る老人ホームの部屋に置く

小さな冷蔵庫を買うためだ。


家電量販店の若いお兄さん、

淡々とマニュアル通り、でもけっして無愛想なわけでもなく、

しつこいカードの勧誘もなく、

さらりと、でも安定した接客をしてくれた。

無駄がない、かと言って足りないところもない。

これこそ接客の基本。


深みはないけど、きちんとした接客だった。


それを見ていて、


「ケータイの充電器ってどこで売ってるの?」


と思わず訊くと

1階との事。


迷わず、その家電量販店で

今度は間違いなく、ケータイの機種確認をしてもらい、

中身もしっかり確認させてもらって

充電器を購入してきた。


ドコモショップで買ったガラケー用の充電器は?


駅のゴミ箱に捨ててきた(笑)


たぶん。

ドコモショップに行ったら

相手をコテンパンにするほどのクレーム入れる事ができたと思う。


だけどそれでスッキリするか?


しないと思う。

怒鳴り散らした疲労感、

なんとも言い難い後味の悪さ、

そして時間の無駄。


モッタイナイ、と言われるかもしれない。


だけど、もともとは

充電器を忘れた私が悪い。

時間もお金も無駄にしてしまったのは

全部自分が悪い。


千円にも満たない金額で

いい勉強をさせてもらったと思おう。



ガタンとゴミ箱に放り込んで

ちょっぴり後悔するかな?と思ったけれど


意外というか、思った以上の爽快感で

これも断捨離かもしれないとか考えてた。

怒りの断捨離(笑)



そして、こうしてブログにして

今回の断捨離は終わり。


長々とブログ読んでくださってありがとうございますm(_ _)m


これも愛用のガラホで書いております(笑)




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。