花が散るまで

都内某所で風俗嬢してます。

独りがいいの。


石田衣良。

すごく好きな作家で、

文庫化された作品は殆ど全部読んでいると思う。


好きだけれど、

多分後世に残る作家さんではないだろうと思う。

軽くて、今の時代にあった

読みやすくて、

でも、心のどこかをキュッと締めつける

ちょっと切ない、優しい文章だと思ってる。


そんな彼の最新作。

得意な短編集。


意味深な帯。


「セックスは人間に贈られた

よろこびなのか、

呪いなのかー。」


だけど、石田衣良の書く

エロティックな文章って…


エロくない(笑)

なんかさらりと、風に飛んでいってしまうような、

どこか可愛らしいさもあり。


どこか男性が書いたものとは思えないところがあって。

そこが、良い所で悪い所なのか(笑)?

私は好きだけど。



この短編集の中の

「アローン・トゥゲザー」

最初の書き出し。



ひとりきりで孤独より、ふたりでいるのに孤独なほうがもっと淋しい。



あ~わかる。

色々あった中で、

元だんなと離婚した理由のひとつだ。


この作品の主人公、

昔の私か?と思うほど似ていて

笑いながら悲しくなった。


でもね、今はひとりきりで孤独なのは平気。

人って最終的にはひとりだから。

誰かに依存せず、

なんとか独りで生きていくのは

そう悪くない。


時々、ふとこのまま一生独りなのかな?

と思うと不安になったりするけれど、

独りが好きな淋しがりやだから。

これでいいんだと思う。


都会の雑踏を歩いていて

周りに沢山人がいるのに、

誰一人知った人がいなくて、

自分独りきり。


でも、そんな時でも

ふと笑みが浮かんでしまう。


独りで淋しいけど。

とてつもなく自由だ(笑)


いつも私のまわりには

心地の良い風がふいている。



結婚は、私の人生で最大の過ちだったけど

離婚したことを、

一度たりとも悔いたことはない。


でも、それは

最大の過ちを経験して乗り切ったからこそ得られたもの。


今は笑って過ごせる事に感謝。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。