花が散るまで

都内某所で風俗嬢してます。

お仕事終わって、なんとなく徒然に。


先日、ネイル行ってきました。

年甲斐も無く、ハロウィン(笑)


たまにはいいか~なんて

ネイルの先生と笑いながらデザイン選びました。


若い人みたいな派手な魔女の爪は無理だけど。

ちょっとツヤツヤ、ピカピカ

キレイな爪は女心をくすぐります。


今夜はお客様から頂いた

宇多田ヒカルのCDを聴いています。


何曲か好きな曲はあるし

(娘がよく聴いていた。)

才能がある人だと思うけれど。

何故かアルバムが欲しいとまでは

思わなかったアーティスト。


聴きながら思ったのが、

なんだろう。

なんだか楽しい曲も、何故か哀しみを含んでる気がするんだよね。


そういえば、友達が

「幸薄そうな子で嫌い。」

って言ってたなぁ。

その友達は、中森明菜も幸薄そうって言っていた(笑)


ちょっと判る気がする。

まあ、好き嫌いが分かれる所だね。


お母さんの藤圭子なんか、輪をかけて暗かった。

晩年自殺した時に、

なんとなく、あぁやっぱりね。

と、思った人も多かったのでは?

(あくまでも個人的見解です。)



でも、アルバムをリピートして聴いてると。


ちょっと哀しみを含んだ歌声が、

透明感がありつつ、

なんだかナチュラルで

包みこんでくれるような所もあり、


疲れていても、

聴いていてイライラしない(笑)?



ちょっと気に入ったかも。


年をとってくると、

新しい曲を聴かなくなってきてしまうんだよね。


まあ、宇多田ヒカルなんて今更なのかもしれないけど。


私にとっては新鮮(笑)


そして、今時アルバム派な私。



気に入ったら、

やっぱりCDアルバムが欲しい。聴きたい。



さ。

お仕事も済んで、

ゆったりと休みましょう。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。