花が散るまで

都内某所で風俗嬢してます。

東京へ帰ります。



博多からの新幹線の中。

覚悟はしていたけど、

8日間の実家は、長かった。


実家を離れて、

考えてみたら今年30年目に突入するのでした。


実家を離れて数年して、

1週間以上いると、必ず喧嘩になると気がついた私は、

けっして年に1回。

1週間以上滞在しなかったのだけれど。

親が弱ってきたら、

そうもいかない。


何でもできる人だと思っていた母は、

びっくりするぐらい

色んなことが出来ない人で

それは父が支えていたからなのだけれど

全く気がついてもいないし、

できなくてもなんとかなっていた事に

感謝もしていないんだなぁ~と。


父が色んな事ができなくなって、

今度は娘の私か…



なんて、ついつい母には厳しくなってしまう私。


男の人は、お母さんに優しいじゃない?

優しくしてあげて、

なんて言われると、

本当はそうしたいとも思うけど、


いやいや、

この8日間、努力はしたけど

最後の3日間はブチ切れていたかも。


どんどん子供になって、

ワガママいっぱいな母を見ていると

これが老いていくということか、と。


どうやって向かいあっていけばいいのか?

どういう心構えでいたら良いのか?



優しくするって。

できるよ、できるけどさ。

じゃあ誰が私に優しくしてくれるんだよ。

等と毒づいてみる(笑)


まあ、強いから平気だけどね。


新幹線でビール飲んで、

(しかも贅沢にもグリーン車で。)

たぶん、東京に戻る頃には、

いつもの私だわ。


いつだって独りで強い女でいられる

私に生んでくれた、

育ててくれた母に感謝だわ。


なんか逆説的。



名古屋過ぎた。

新幹線5時間。

私にとっては、あっという間。


ちょっぴりポロリと涙をこぼして、

東京駅では、笑ってホームを降りよう。