花が散るまで

都内某所で風俗嬢してます。

おか~さ~ん…(´θ`llll)


先月末に実家に電話して以来、

2週間ぶりに電話したら。


うちの母、


「あのね、はなしがあるんやけど。」


はいはい。


「あれから、友達や、包括支援センターの人や、お父さんともはなしたんだけどね。」


なんか、イヤな予感(;^_^A


「そっち行くの止めたわ。」


(゜◇゜)ハイ?


「こっちで老人ホーム探すわ。」


なんですとっ∑(OωO; )



いやいやいやいや~

お母さん、やってくれたわ。


とにかく、さっき言ってた事を

ころっと変える人だから。


先月福岡で、

東京近辺のホームを探すって

親子3人で決めて、


あれだけ、それでいいのね。

東京に帰ったら、私は動き始めるからね


と、あれだけ念押ししたのに。

これだよ(▼∀▼)ムカーッ!


こっちはこれからの事を考えたら、

責任感と、事の重大さに

寝られなくなっていたというのに!


しかも、

友達や知り合いにも

あちこち色んな情報もお願いしたり、

もう、今月中に1件見学の予定も入れていたのに!


「やっぱり福岡がよかもん。

電話がかかってきたら言おうと思って~(笑)」


は?

そんな大事なことは、早く連絡してよ!



(こっちは仕事しながら、必死なんだぜ~っ!

いい加減にしろ~)

と、言いたいのをグッと堪える。


「自分の終の住処をあんたに任せるのもね~

やっぱり自分で選びたいし。」


「支援センターの人も、色々探すの手伝ってくれるらしいから。」


「自分たちの事は自分でするわ。」


ま、それは良いことよね(^-^;



「ホームに入ったら、年に3、4回来てくれたらいいから~(笑)」



そんなに行けません!

近所じゃないんだから!


「え~そうなの?」


(普通の仕事なら、クビになるわ!)

(風俗だから自由がきくけど)


「じゃあね~👋」



本っ当に!

親じゃなかったら

絶対こんな人とは付き合わないっ!


(`ヘ´) プンスカ

とか、暫く電話切った後も

怒り心頭な私でしたが。


落ち着いて考えみたら、

大変な責任は無くなったわけで。


まあ、明日あたり

友達数人に謝罪の電話しなくちゃいけないし、

見学の件も無しになったと連絡メールはしないといけないけど。


私的には、楽になったのかも?



…また気が変わらなきゃの話なんだけどね(-_-;)


でも、私には

あんだけ言い切った事を

コロッと変えるなんて。

絶対恥ずかしくてできない。


第一、

先ずはゴメンっ!

じゃない?

お母さん。



あ~やっぱり

腹立つ。


って、私心狭いんかな?





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。