花が散るまで

都内某所で風俗嬢してます。

カリンの思い出。


カリンの花。


地味目ですが、

薄紅色のなかなか愛らしいお花です。


お花が終わると、

黄色っぽい実をつけます。


ご存知咳止め効果のあるカリンです。



むか~し。

もう亡くなったおばあちゃんが、

色んなフルーツのお酒を作るのが大好きでした。


たまたま少し風邪気味の時に

遊びに行ったら。


「これば飲みんしゃい!」


と、出してくれたのが

カリン酒でした。


「咳が止まるとばい。」


その時、初めてカリンの実を見ました。

カリンの実を砂糖と、焼酎に漬け込んでいるのです。


「これは、もう3年ものやけん、

甘くて飲みやすかよ(^∇^)

ほら、遠慮せんと。」



あの。

ばあちゃん。

遠慮はしとらんちゃけど。

私、中学生なんやけど(笑)


「あれっ!

今年もう高校に入ったと思った!

花は背が大きかけん。」


σ(^◇^;)

高校生でもダメだと思う(笑)

とにかくアルコール度数30度の焼酎に

漬け込んでるんだよ。


ちょっと無理かな(笑)



まあ、なんちゅうか、

ちょい天然なばあちゃんでしたよ。



カリンの樹を見る度、

思い出す

ばあちゃんとの思い出。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。